農村女性の活動支援に関する事業

         
             
   ◎農林水産省の公募事業「農村女性起業活性化モデル事業」を受託した。(平成22年度)        
    「女性起業家の共同による地域ブランド産品開発支援事業」を実施中          
   (1)地域産物を使ったジャムのブランド化研究会          
     @参加者のジャムの品質評価(千葉県産業技術支援研究所のご協力)         
     Aジャムブランド化研究会開催
     (有)良品工房白田代表取締役からブランド化への必要条件について
    千葉県産業技術研究所宮崎主任研究員から加工技術の改善策について
    それぞれのアドバイスの後、各自のジャム紹介と試食会をとおして意見交換を行い、改善方向について検討した。 
       
             
   (2)地域を代表する農林産物の加工商品開発研修会          
     @米粉ケーキ類の商品化   A”山の恵み”の加工品作り        
    県内でも有数の農業地帯で、豊富にある米や野菜を使った加工品の商品化を指して、買ってもらえる商品、販売方法に合わせた商品形態の確立を目指して研究会を実施中  たけのこや栗、ふき等を主に地域の特性を活かした加工品を、地元の直売所での販売開始に向けて、すでに持っている技術が消費者ニーズに合っているか、専門家による商品評価会を実施。        
             
  (3)商品発表会 (3月)          
     研究会の成果を流通・販売業者に紹介し、評価を受けました。         
             
  (4)パンフレット作成           
     研究会で製品化したジャムのパンフレットを作成しました。          
             
             
  ◎農林水産省の公募事業「農村女性起業活性化モデル事業」を受託した。(平成21年度)         
  女性起業セミナーの開催(7月7日、9月16日)
(1)「農産物直売所における加工食品の現状と課題」
  「買ってもらえる商品づくりへの提言」  
         
  2)「直売所の加工食品の問題点と課題」
  グループワーク「加工食品を製造販売するということは・・・」
  事例に学ぶ「私の起業経営と地域との連携」 
         
  (3)農産物加工商品開発検討会(1月20日)
  商品紹介パンフレットづくり
  「みんなが豊かになるための地域ブランドをどう育てるか」
  「女性力を磨く よい食起業家を目指そう」 
         
  4)「元気な母ちゃん商品市」(3月28日)
  一般消費者及び商系業者を対象に、加工商品展示即売会を実施。 
       
             
             
             
  「ヨーロッパの農業・農村に学ぶ」視察調査           
   一週間〜10日を掛けて、ドイツ、フランス、イタリアなどの農家や農村女性の活躍を視察しています。
訪問先は、独自に接触しており、他の農村ツアーでは体験できない新鮮な触れ合いができています。 
       
             
  平成22年度の実績
9月27日〜10月4日 ドイツの南部を中心に、
(1)野菜、果樹、酪農、有機農業、グリーンツーリズムと農家経営
(2)地域農業を守る生産者・消費者連携
(3)女性の経営・社会参画と農村女性組織の活動
(4)農産物流通の状況
(5)美しい農村景観による地域活性化
などを視察しながら、ドイツ農村女性との交流会などを行ってきた。
         
   平成21年度の実績
9月30日〜10月9日 イタリア・スイスのスローフード活動が、農業経営にもたらした効果、地域農業を
守る生産者・消費者連携、野菜・果樹・酪農・有機農業などの農業経営者との懇談などを行ってきた