農業の技術開発支援に関する事業            
   北総中央用水 畑地かんがい推進モデルほ場設置事業            
    本事業は平成26年度から5ヶ年事として、省力化と高収益に結びつく畑地かんがいの実践をめざし、水利用技術・作物栽培管理技術の確立とその啓発・普及を図る事を目的に開始概要            
               
   ◎落花生の超省力化生産技術体系の実証            
    落花生収穫・乾燥・播種用莢剥きなどの超省力化を図り、千葉県特産落花生の増産を目指す。
  (概要
           
               
   ◎農業栽培環境の測定・見える化            
   ハウス内環境を測定し、手元のスマホやパソコンでどこに居ても管理することができます。
  (概要
           
               
   ◎「ヨーロッパの農業・農村に学ぶ」視察調査            
   一週間〜10日を掛けて、ドイツ、フランス、イタリアなどの農家や農村女性の活躍を視察しています。
訪問先は、独自に接触しており、他の農村ツアーでは体験できない新鮮な触れ合いができています。
           
               
 平成22年度の実績
9月27日〜10月4日 ドイツの南部を中心に、
(1)野菜、果樹、酪農、有機農業、グリーンツーリズムと農家経営
(2)地域農業を守る生産者・消費者連携
(3)女性の経営・社会参画と農村女性組織の活動
(4)農産物流通の状況
(5)美しい農村景観による地域活性化
などを視察しながら、ドイツ農村女性との交流会などを行ってきた。
 
               
   平成21年度の実績
9月30日〜10月9日 イタリア・スイスのスローフード活動が、農業経営にもたらした効果、地域農業を
守る生産者・消費者連携、野菜・果樹・酪農・有機農業などの農業経営者との懇談などを行ってきた。