落花生の超省力生産体系の実証
         
                 
  中央農業総合研究センターを中心として、千葉県、茨城県の各農業試験研究センター、千葉県落花生商工組合連合会、農機業者の協力で26・27年度の2年間にわたり、
「落花生の超省力生産体系の実証」で試験研究調査を行っています。
ちば農業支援ネットワークは、この試験研究の調査部門を担当しています。  
         
             
   試験内容は、
1「連続堀上げ反転機導入による大規模収穫技術の確立」
2「普通型コンバインの導入による省力化に実証」
3「温風乾燥施設による品質・食味への影響」
4「落花生種子生産用莢剥き機の試作と種子発芽率調査」
5「落花生生産農家の意向調査」 などを実施しています。                             
         
   この機械化体系の構築により、収穫、乾燥、調整に係る作業時間を、従来より80%
低減化を図り、経営規模の拡大で、担い手育成・確保を進め、千葉県や茨城県の落花生生産者の生産基盤の維持、向上を目指します。

         
             
             
    連続掘上げ反転機